活性化研究会報告:「奈良の糞中・世界の糞中。知られざる糞中」

 2017年8月19日(土)15時~17時、参加人数18名(研修講師含む)で、活性化研究会を近鉄奈良駅近くのオーケストにて開催しました。

 今回の内容は、中村圭一中小企業診断士から「糞虫」のお話しでした。奈良公園が日本の糞虫の聖地であること、ルリセンチコガネという奈良しかいない美しい糞虫がいること、約2,000頭の鹿の糞処理を糞虫が行っているから奈良公園は臭くなく綺麗に保たれていること等、多くの学びがありました。中村診断士の糞虫に対する愛情あるお話に感銘を受けました。また、研修後の懇親会も全員が参加し、楽しく情報交換をしました。

 

  この研究会は、どなたでも参加可能ですので、皆様も是非気軽にご参加ください。次回は10月に、徳南毅一中小企業診断士を講師として『経営に活かそう釈迦の教え』を計画しています。